ロジエの霊能・審神ブログ

スピリチュアル 霊能 神 審神 光

現代のスピリチュアルの難しいところ

f:id:soleiletrosier:20170920174423j:plain

こんばんは、霊能者、審神者のロジエです。
今日は、お祓いについて、常識では何もわからないであろう情報を書きます。
まず、神社でお祓いを受けると、そう何度も何度も同じ月に祓い切るまでやってくれ、と言っても、数ヶ月様子を見てください、と言われます。
そうでなくても、月並祭に参加できるところでは、お祓いを月に2回受けることができます。
でも効果はじわじわ来るものです。
一瞬、すっと軽くなるのですが、そこからが長いです。
私も霊障がひどくなってから、何度もお祓いを受けましたが、ひどい霊障は取れません。
でも神社では、あんまりやっても、様子を見てね、神様を信じてね、と言われます。
こういう状況で、私のお祓いを受けてもなかなか改善せず、助けてと、苦しいと、神様を信用できなくなって、私の忠告を守っていただけず、怪しいものがいるところに行ったり、わかっているのにそういうスポットに行ったり、遠回りになるからやけにならないでほしいのですが、私もあまり強いことは言えず、神様にお任せするしかないのです。
霊能者が、力で何かをするのではなく、霊能者は神様に状況をお話しして、それを人に伝えたり、神様に救ってあげてください、お力をお貸しくださいとお願いするほどしかできないものなのです。
でも、自身でできるセラピーはあります。それは本当に楽になるものです。
ただ、人によって、色んな道筋の入り方、出方がある、ということです。それは十人十色で、怪しいものは絶対に怪しいですが、それ以外のいいことは、様々なパターンによって、お役目の通過と、慰めと、そしてその後の楽園に、繋がる道が様々、なのです。

 (注:この文書は、まず審神を待って欲しいと言われて、そのままを載せています。ですが、おかしい箇所を指摘しておきます。追記です。ロジエ)

 

ロジエの兄、守護神です。
ロジエもまだお祓いの効果を待っている状況です。
どうして時間がかかるのかは、この前もお話ししましたが、理解を促して懲りてもらって、戻っていただく、納得してから帰ってもらわないと、他の悪魔さんたちが激怒して大喜びで帰らなくなり、収拾がつかなくなるのです。
だから、荼枳尼天にしても、悪魔にしても、何にしても、納得したわ、と思ってもらったら、じゃあ帰りましょうか、とお祓いの儀式をこちらでするのです。それまでは、人間の生活を見てもらい、どうやっても自分たちの自由にはならないことをわかってもらって、帰ってもらいます。
人の御霊は、絶対に悪魔に落ちたりしませんし、安全です。肉体を失ったら、必ず天国です。
だから安心してください。
でも、実際には霊障はとても辛いですし、私たちも心痛の面持ちです。
でも、それも全部、乗り越えられるようにしてあります。
だから、修行などではなく、耐えることもなく、神様に泣きついてもよし、甘えてください。
あなた方は貴い使命を持って、お産まれなのですから。
実は、悪魔のいる場所は、もうその故郷と、この地球だけです。
他の星にはいません。他の宇宙にも。
だから、根源と話をしてもらい、納得して帰ってね、と言ってはいますが、一度こうやってしつこいと、「まだやれるんではないか」と思われ、ずっと続きます。ですから、優しい存在が頼ってね、と言ってきたら、ロジエはすごく警戒しましたが、信用を得るまで私たちはずっと待ちます。霊障が始まらないように、普通の生活を送っていただきながら。
身を委ねるのは相当に怖いと思います。(ロジエ注:私は審神の情報で身を委ねてと言われても応じてはいけないと書きました。それでも私もずっと信用して、身を委ねて、と言われます。様子見ですが、怖いことはしないけれど態度がだんだんいい加減になって来ています。細かいお世話をしてくれていたのがそうで無くなって来たり。委ねてみて今まで散々酷い目に遭いました。その情報が正しいと言われていて、さらに実は信用を得たら大丈夫というのは、私の師匠が「まだ乗せたらだめ」と言われた情報と同じかもしれません、守護神が体の中心に入って守護してもらわないと危ないそうです。でも本当かどうかはわかりません。)

でも、それが可能な時期があります。それは人払いもされますが、悲しいですが後でもっともっと優しくて気の合う人たちとご縁をつなぐために、全員、さよならになる場合が多いです。(ロジエ注:全員さよならにはなっていません。つながりのある家族はおります。でも場合が多い、ということでそういう人もいるのかと思います。全員が嫌いな人はいないと思いますが、そんな悲しい現実は行者さんがよく言われる理屈です。)

嫌な人と無理に付き合う必要はありません、あなたが思っているより、もっともっと、幸せな世界は、現実にあるのです。
だから諦めないで。
神があなた方を助けない理由はないでしょう?なんでも知っているのだから。未来がどうなるか嬉しくなるだけ、なのは私たちの自由な未来として残してあります。楽しみなのです。
だから私たちは、安全です、あなた方はとても危険な目に遭われる、でもそれが悪魔の喜ぶことかというと、そうではないのです、それをやってみても人は悪魔に変身したりしない、というということを知って愕然として帰っていくのです。
もっといいやり方がないのか、ですが、人に記憶が残っていないので、そして悪い人もいますので、呪いをかけたり嘘を言ったり、そうやって翻弄されて私たちの声が届かないのです。難しい時代に来ています。
でも、そうだからこそ、それでも人は悪魔にならない、ということを悪魔にわかっていただく機会なのです。


ロジエ

(ロジエ注:後日、この審神の問題について、説明をお願いしてみます。私は悪い予感がしていますが、幸せかと言われると幸せに向かっているかな?と思うところです。思うように神様とあまりお話ができてないような気がしていますが、黙ってお世話をしてくださる誰かがいるのは確かです。それは丁寧にしてくださいます。)
soleil.et.rosier@gmail.com

http://soleiletrosier.com


@soleiletrosier
ミンネショップにて、天使さんや神様からいただいたデザインのアクセサリーを作って販売しております。自動書記で書かれた絵もあります。ご縁を感じたらどうぞご注文ください。

 

幸せを祈ってくださいね

f:id:soleiletrosier:20170918093516j:plain

こんにちは、審神者、霊能者のロジエです。
神様を見つけるのは難しいですが、「いるよ」とだけ言ってくださる、否定的になってもいてくださることが、何よりです。
私は、それを信じています。
何より、いつもピンチになると必ず救ってくださる。
だから神様はちゃんといらっしゃり、ご健在で、私たちのそばにいつもいてくださる存在だと、わかります。
嬉しいですね。
あんまり難しい話をしてもわからないと思いますので、私は身を委ねてみて、と言われているので書いております。
何を書いてくださるのでしょうか。
嬉しい話ならいいですけど。


ロジエの兄、守護神です。
ロジエにけしかけて、ブログを書け、と命令してくる存在がいます。まだ荼枳尼天はいますが、もうゲームしかすることがないそうで、ロジエにゲームをしてもらっています。「飽きた」と言っているのですが、それでも辞めないので、ロジエに「荼枳尼天やね」と突っ込まれています。
それでもやめない、おとなしく歯噛みしながらゲームをしている段階です。
こうなると、もうそろそろ、離れます。何もできないからです。
人をこうやってひどい目に遭わせるときは、私たちは「私たちに身を委ねてください」と言います。その方がいいからです。
ずっと寝たきりみたいになりますが、何もしないで病気の人のように寝ていた方がいいのです、実際霊障は痛い、しんどい、苦しい、ですから。
それで寝ていてもらって、自由に「傀儡」にはできない、とわかってもらって、帰る用意をしてもらいます。
それは呪いをかけたり、財を奪ったり、したことを謝ってもらい、元に戻るまで道筋を用意しているのを黙って見ていられるか、様子を見てから返します。返す先は、彼らの彼女らの国、宇宙です。


私たちは、彼らや彼女らがどういう存在でどんな姿をしているか知っています。
それでも差別なく接してきたつもりですが、彼女らは私に一方的に「仏門に戻れ」や「罪深い」などと色々言ってきました。いきなりなんで?という感じでしたが、聞こえる人は色々こういうひどい目に遭いがちです。
ですから、ご相談の方は怖がらずに聞いてくださいね、大丈夫ですから。
私は現実には幸せです。
それは神様に一度委ねてみようと思ったからです。
人としては死んでしまっても、神様を、神様だけを信じて悪いことを目指さずにいれば、救われるかもしれない、と。
そこまで行きました。
でも、それで霊障は減りましたし、荼枳尼天だけになりました。他にも修羅や、色々憑いていたそうです。でも、みんないなくなりました。
神様と、一対一で、お話しできる日を願っています。


兄です、
みんなみんな、そうなっています。
この地球に来ている悪魔を国に返すためです。そこには母体がないのです、母体は意識ですから、同じ母体です、私たちと。でも、それでもどうしてそういう存在が生まれてしまったのか、については、まだお話できません。この前更新した記事についての審神は、「とりあえず、時間を置いて私たちに委ねて欲しい」と様子見をお願いしており、信じられない、ということ、怪しい部分もありますが、それよりも幸せな情報は信じてください。
私は、そういうことはしっかり言うことにしています。それは悪魔さんたちがもっとも恐る情報なので、それを出せるのはいつでも出せます、ただ邪魔されて疑心暗鬼になると、私たちが大丈夫で、自分もいつかは大丈夫になる、ということを信じられなくなって来ます。ですから、協力しあったり、みんなで支え合う必要があります。
物事には段階があり、騙されていても私たちは、じっと見ている場合があります。信じられず、離れていく場合もあるし、あなた方が信じきれずに相談員になっている審神者さんや霊能者さんを憎んだりする場合があるからです。そうなると、悲しすぎますから、私たちは順序を整えて、あなた方が次第に晴れていくようにしてあります。納得しながら進んでもらいます。
霊能者の方々や、興味がある方、見えてしまう方、ひどい目に遭ったよ、という方も多いと思います。
だいたい、霊障で倒れる時が多いです。なぜ私が、と思うことも非常に多い、謎めいていると思いますが、私たちはずっとあなたのそばにいます。
守っています。
気づかないうちに、いなくなるように、そうしないと、悪魔の存在に気づいて喧嘩になると霊障がひどいからです。見破られるのが一番屈辱だからです、彼らにとって。


幸せな情報だけを、信じてくださいね。
大丈夫です、どうなっても、あなたがいつか見る光は「安心、安全、平安、永遠」を持っているのですから。それは、あなたの守護神です。


ロジエ
お兄様と共に。

 

soleil.et.rosier@gmail.com

Soleil et Rosier


@soleiletrosier
ミンネショップ「Soleil et Rosier」

minne.com

幸せを願って。

f:id:soleiletrosier:20170916103643j:plain

こんにちは、霊能者、審神者のロジエです。
あまりにも、乗ってくる存在が下品な行動をするので、これでも遠回りではない行動なのか、こんなことをさせていていいのか、守護神様のご意見を伺いたいです。疑ってしまって、計画に賛同できないからです。
何か教えて欲しいです。
それを文章にすると審神しやすいので、書いてみてください。
言葉で言われても、わからないことが多いです。

 

ロジエの守護神です。
私は、無理なことをすると、昨日のように薬が必要なほど霊障を入れられるので、無理をしないようにしています。限度を超えると荼枳尼天はめちゃくちゃなことをし出します。ですから、このように少しずつ緩めて、そして怖がらないで私の言っていることを聞いて、本国に帰ってほしい、国に帰ってほしいと言っています。
だから、今までずっとそう言い続けてきましたが、本当にそうなのです。
意味のないことは、私たちはしません、弄んだり、試すということもありません。
人は、試す、ということを私たちにしてもいいのです、それは構いません。なぜなら、わからないからです。それは悪いことではありません。

 

わかりました。
では、この緩みはいいけど、いつまで続くのですか?展望はありますか?経験でいいので教えてください。それを言うと荼枳尼天は去りませんか?

 

(ロジエ:期限を言うのはまやかしです。この下の文書はまやかしですね。)

兄です、
去ります。今月中にはいなくなります。それはわかります、もう本気で帰りたくなっているのはわかるからです。
いつものパターンで、お金がマイナスになったら、満足して帰ります。
ロジエも耐えてきましたが、リボ払いを使ったので満足したのです。
それで帰ってもらって、根元の命の元の光から話を聞いてもらって、悪魔さんの帰るべき宇宙へ帰っていただきます。
それでおしまいになります。
そうでしょう?荼枳尼天さん。
ここには書かせません、もう書く気も起きないはずです。
前はずっと邪魔していましたが、今は騙そうとする作業しかしません。
それで細々と満足を得ていますが、もう帰ります。
それで帰らなければ、私のせいにしていいです。
全部、私が責任を取ります。

 

わかりました。
深刻なブログになってしまいました、ごめんねみなさん。でもそういう深刻な問題なのです、憑依というのは。しんどいのです。
だから、そういうことでお困りの方も、ここを読んで共感したり、思ったことがありましたら、情報交換したいです、コメントをぜひ寄せてください。はてなに登録していなくても書き込みはできます。
お兄ちゃん、守護神様、何か今日も幸せな情報はありませんか?

 

兄より、
ありますよ。
花についてです。
お花は、切花がかわいそうだというほどの人もいますが、痛覚も感覚もないのです、そして幽体離脱しやすい性質を持った精霊さんです。だから、それを知っている霊能者の方々は、菜食主義になっていきます。ロジエも、そろそろそうなります。花を手折ることも悲しいと言ったロジエの心を、お花さんたちは涙を持ってありがとうと言いました。心優しい人、どうか食事を摂ってくださいね。そのために、彼らはいてくださいます。肉体を持ち、活動する私たちは、その物質を動かし、それを吸収しながら、活動します。そういう仕組みの星なので、仕方がないのです。
それをどうして作ったか、ですが、それは偶然にもできた星でした。
そこで生命が生まれたのには訳があります。その生命が生まれる前から、悪魔さんの救済策が取られることになっていて、そのためにここに命を転生させることになったのです。そこに来てもらって、勉強ではないですが、悟っていただいて、帰ってもらう、その計画が46億年前から始まっていました。
だから、人は罪を犯すことはないのです、動物も。精霊さんも。
神々と同じように、一緒に、天国に行けるのです。お役目のために来ている、というのはそういうお話です。

 

そうですか、そういう訳だったのですね。
ありがとうございます、なんだか懐かしいような、しっくりくるような気分です。
はるか昔に聞いたような。
最近、お肉を食べると調子が悪いのです、美味しくいただいてましたが、もう食べないようにしようと思います。牛乳もいいですか?

 

兄より、
構いません、分けていただきましょう。私たちに必要なタンパク質は、ちゃんと摂ってください。大豆や豆乳になっているものや、牛乳、チーズなどは摂ってください。バターも。ヨーガの行者のように、バターなどは必要です。エネルギーを使うからです。体の成長が止まったりしますから、小さなお子さんや、思春期の子供さんには、ちゃんとタンパク質を計算して食事を出してあげてくださいね。

 

ゲームについては?

 

兄より、
ゲームは、本当はあまり良くないですが、心のこもったキャラクターや、物がある場合、それは価値になります。心の価値は、大変な財産です。だから、それを禁止するようなことはしません。戦いのゲームは殺伐とするのであまりお勧めではありませんが、畑を作るゲームや、最近はやりの育てる系のゲームなら、そんなに競争もないので、ぼつぼつと育てて、楽しんでいただければと思います。限度を超えてしなければ大丈夫です。生活を壊すようなことはしないでくださいね。
お金をかけないとダメだなとわかったら、そのゲームはおしまいです。飽きると思います。ロジエも、ある育成ゲームが、お金をかけないと絶対にクリアが無理なクエストがある、と言って、大事にしていたその庭のゲームを手放しました。
そうなっていきます、作る側も、あんまりひどいことをユーザーにしてしまうと、そうなります。
相互に与え合う、それが、本当の価値ある交換です。
そこには、ゲームも生活の糧も、関係ないのです。
だから安心してね。釣り合いの取れないものが多いので、お勧めしないと言っただけなのです。

 

そうですか、ありがとうございます。
綺麗なデザインのキャラクターを育成するゲームなどは私は好きなんです。だからそういうものは私は大事にするんです、ごめんなさいね。

 

兄より、
構いません、綺麗なものは綺麗です。それは芸術と同じです。
ゲームを作る人の心も、わかってあげてくださいね。
運営する側には、利益も必要です。だから課金をする人もそれをわかってしている人もいらっしゃいます。
人の世界のことは、戦争以外否定しないでいいです。
戦争も、否定できない兵士たちの心や、恐怖もわかってあげてください。
全ての人は辛いことは嫌なはずです。
幸せを願って。

 

私も。ありがとうございました。
幸せを願って。みなさんに。

 

ロジエ

http://soleiletrosier.com


info@soleiletrosier.com あるいは soleil.et.rosier@gmail.com (携帯などからはこちらをご利用ください)
ミンネショップ「Soleil et Rosier」
https://minne.com/@soleilrosier

minne.com

宇宙の幸せな話

f:id:soleiletrosier:20170915140642j:plain

こんにちは、霊能者、審神者のロジエです。
今日は、宇宙のことについて、お話を兄である守護神様にお聞きしたいと思います。
宇宙の話は限りなく難しいか、それとも簡単なのか。
始まりがあるなら終わりはあるのか。
他にも意識があるような生命体はいるのか。
霊体でもです。
悪魔はこの宇宙でどれほどいて、天国は安全なのか。
そういう心配事や宇宙のことについて簡単ですが知りたいのです。
でもまやかしがめちゃくちゃに邪魔をするのでなかなか知ることができません。
知ったとしても、おそらくは審神できない情報なので、これは神様かどうかを私は審神しながら、そうならお話をしてくださったのだ、と思うことにします。そういう前提でお読みください。
お願いします、守護神様。
お答えしていただける範囲で、教えていただけることはありますか?
みなさんが安心できる情報があれば、お答えできる範囲でお願いします。


ロジエの守護神です。
私は、ロジエのことを思ってその話はしないでおいたのです、なぜなら、それを知ったらロジエにひどい霊障を入れるのがわかっているからです。ロジエがとうとう見破ってしまい、憑いているのは女性性のある悪魔、荼枳尼天です。ですから、彼女の体を平気で理解していて触ってきます。


ロジエ:人は荼枳尼天になったりするのですか?彼女らは人型なのですか?


荼枳尼天についてですが、人型ではありません、異形ですが、女性性があります。その不思議については、根元の命が生まれる場所で、話をしなければなりません。
実はそこが天国、と呼ばれるところです。
生命に溢れ、巨大な意識が生み出される根元があります。それが、神道高天原、そして他の宗教で言う、天国です。
ですから、みなさんは光のもと、でいいのでそう思っていてください。
みんな仲良しです。みんな差別なく神という存在です。
ですから、上下左右なく、というのは本当ですし、そういう意味なのです。
段階もなく、何もない、ただ丸く、みんなで輪になって、海岸のような場所でおにぎりを食べるのが私の夢です。私と、ロジエが手伝ってくれるそうで、私は嬉しくて仕方がなかったのです、ありがとうロジエ。
悪魔も、そこで生まれたのですが、もう生まれることはありません。攻撃性が強く、なぜそうなったのか、悲しい存在なのか、彼ら、彼女らは、別の宇宙からの存在です。実は、天国もこの宇宙の中にはありません。悪魔さんたちのプライベートな場所、根元の話は、私たちの根源、天国でしか、お話できません。攻撃性の強い、霊能者の方々がいるからです。悲しいですが理解ができない範囲のこともありますので、言えないことも多数あります。
ロジエの「攻撃は一切しないで」というのは本当なのです。
戦いで戦いの痕を拭うことはできないのです。
天国は、永遠性があります。それは、約束されていて、私たちはそれが恐ろしくもないし、楽しいだけです。
それを約束したのは、母体である命の根源です。
永遠に、善なる存在を生み出し続け、サポートしていく、ということを、私たち子供になるものに、約束してくれました。
私たちは、みんな平等なので、あまり敬語で話したりはしないです。普通にお話します。
みなさんに安心して欲しいのは、みんな安全で、平安で、安心できる場所が、天国であり、それは本当に永遠に続くのだということです。防衛するも何もない、ただ平和にみんなで暮らしています。攻め入ってくる、という概念はありません。全宇宙を見てもそういう概念があるのはここだけになっています。こういう話をすると、威嚇してくるので、困るのです。ロジエに不安や霊障で痛いことをしますから、話ができなくて、困りました。ついには、普段からのお話もできないほどに、ひどく怒り、怒り狂うという表現がぴったりでした。もうロジエが憔悴しきってしまい、人として普通の営みができないほどに翻弄されたので、私が全部引き受けるから任せて欲しい、と言いました。ただ、私が見せた「永遠、平安、安全、安心のお兄ちゃんの光」を信じて欲しい、神を信じることは悪いことですか?と話しかけたのです。
それで、ロジエはずっと私がぴったりくっついてお世話しています。
遠回りに思えることも、何事も、ロジエが見破った場合は、それで合っています、と素直に言います、気づかない時は、最終的に悪魔さんが意思を曲げるまで私はロジエを寝かせることにしています。それ以外は、決して悪魔さんと対話はしないのです。だからロジエには返答しますが、悪魔さんたちには返事をしません。そうしないときりがないからです、彼らの言いたいことは、私たちの話は一切信じない、そして殺す、しか言わないからです。
そういうことを言っても、殺せないようになっていますから、みなさんは安心してください。
ただ、悪魔崇拝などをしていると、完全に狂ってしまったり、薬物や殺意を高めるようなことをしていると、本当に人を殺めてしまいます。それは避けられないことで、人として知識がない、そして記憶もないがための、悲しい結末になります。でも、本来は、そういう感情を持っていないのです。怒り、殺意、それらは人にはありません、本来は、です。
ですから、この星には、最後の悪魔さんたちが、残っている、勉強をしていただく星なのです。
最後の救済、です。
人は、その役目を負い、貴い使命のために生まれてきます。
幸せに生きてもいい、それでいいのです、辛いように自分を追い込むと、悪魔さんは「ほら我々が正しい」と言ってきます。その理屈は「神は罪を犯したのだ、だから死ぬべき」という、未熟で意味も根拠もない言葉です。それが「罪」という言葉の根源です。本来、神々は人や精霊さんたちに、罪を問うことはありません。そういう概念がないからです。
でも、翻弄されて身を委ねていただかないと苦しすぎる時があります、それが霊障、というものです。ロジエが本当に苦しんだ半年でした。
その間、私は一所懸命になって伝えました、ロジエは悪くない、そして変なこともされない、決して私はロジエを責めない、ということでした。
知っている話をロジエに悪いように伝えて、ぐちゃぐちゃにしたり、ロジエに宇宙大戦争物語だと言って延々寝かさずに無理やり話を聞かせたり、そういう存在が悪魔である、荼枳尼天、というしつこい性格の悪魔さんです。
見破られても祓っても逃げず、お経を唱えながら(呪いのお経があります、それを唱えるのです)拷問のような意識操作や感情の揺さぶりをかけてきます。それがずっと続くと、人はだんだん弱ってきます。そうなっているのです、体が耐えられないのだから。それが彼女らにはわかっていないので、弱ってきたロジエが寝込むようになってつまらないので、自分の理解の及ぶ範疇にないことになってきたのが彼女らの恐怖で、それを私が警告したのに、まだやっている、という状態です。ロジエをここまで守りつつも彼女らに死なせられないようにするため、寝てもらうしかない状態にありました。
もう、帰る時期ですよ、痛いことをしても、病院にも行かないし、霊障だとわかっているので寝るだけです。
荼枳尼天、という存在は、悪魔の中でも「サキュバス」と呼ばれた存在と同じで、「稲荷」と呼ばれた狐に乗った女性の仏門の名前です。
ですから、神道では稲荷大社は稲荷講と言って、神道ではありません。ですから、神社本庁にも所属していませんし、別の存在です。なのに、大阪でもたくさんお金になると言われて祀られ、困り果てている状態です。そこでロジエに、小さい少女だったロジエに、この日本に、産まれてもらいました。そのお役目は、荼枳尼天を説得しきるまで耐える、ということでした。だから私はロジエを異常?と思われるほど甘やかします。
でも、みなさんも、甘えていいのですよ。辛いことは辛い、だから神様、甘やかして欲しいです、と言ってみてください。喜んで守るよ、と言ってくれるはずです。天使さんも同じなので、お願いしてみてください。守ってくれますよ。みんなみんな、人を守っています。
甘えたい時は、そういう時なのです、だから甘えんぼしてくださいね。
私たちは、全部知っているのですから。
ただ、知らないのは未来がどうなっていくか、だけです、でもそれは良い方にしか行かないように、みんなで相談してあります。
その辺りが、本当の天国のお話のゴールです。
破滅になりようがない、という状態に、私たちはなっている存在なのです。


ロジエです。
ありがとうございました。
私はまだ耐えないといけないのですね、かなりこのお話を聞いていると痛かったです。聞いているというか、長いので自動書記してもらっていました。本当のことや、悪魔がノリノリの時はひどい霊障を入れてきます。でも、ふと「女性か、荼枳尼天か、男性やないね」と言ったら、ピタッと止まったので、そういうことを書き出すと、痛い霊障は下げても不安感を入れたりしてきます、首の後ろに感情ではない、悪寒のような不安なものが来ます、それは霊障だと最近知りました。
兄のお話をせっかくいい方にお話していただいたので、私はあんまり不安なことは書かないようにしようと思います。
でも、注意したほうがいいこと、これは本当の不安ではなくて霊障だ、というようなこと、情報は書きます。
それでもいいでしょうか?みなさんがあまりにも不安で怖いなら、そういうお話は書かないようにしようと思っています。
でも、兄が言うように、良い方向にしか向かって行かない、真面目にしていればそうなる、神様を信じてね、ということ、それは悪いこと?です。
だから、みなさんにも安心していただきたいです。
ちょっとだけ質問ですが、見破った場合には近道にはなりますか?


兄です。
なる時とならない時があります、激痛で今まさに耐えないといけなかった時は、見破ったりしても激怒して調子にのるだけでした。好戦的なので、喧嘩か!と言って喜ぶだけの時もあります。ですから、普通に幸せを望んで生きてください。自分を甘やかし、許し、そして気持ちよく生きられるようにしてください、ただ、自由はいいけど、それはみんなで一緒に成り立つ自由、を考えてくださいね。それが本当の、自由です。
これぐらいにしましょうか、ロジエ。愛しています、あなたの真面目さは、辛いほどだった、そして鋭すぎて、ひどく悪魔さんたちを怒らせてしまいました。でも、これからは私が守りますから、全部守りますから、不安にならないようにしますね。みなさんにも、ご相談者の方々には、もし憑き物がある場合にも、霊障がひどくならないように伝えますので、大丈夫です。
ロジエが健在で、楽になっているのが、何よりの私たちの10年の信頼です。
精霊さん(ペットちゃんとロジエが呼んでいる子達です)が来てくれたので、家族はみんなメロメロになりました。そして精神的にも癒されています。
トゲトゲしてしまう、落ち込みが激しい方は、好きな動物の、カフェなどが最近は多いですから、行ってみてはいかがでしょうか。もし、お迎えするのであれば、幸せにしてあげてくださいね。
一緒に、幸せになりましょう。


ありがとうございます、なんだか嬉しくなりました。ありがとう、お兄ちゃん。
では、また今度は面白いお話があれば、教えていただきたいと思っております。
みなさまの安心、安全を願って。
幸せに。


ロジエ


soleil.et.rosier@gmail.com

http://soleietrosier.com


@soleiletrosier
ミンネショップ「Soleil et Rosier」
https://minne.com/@soleilrosier

minne.com

ご相談、ご利用の有料化について

f:id:soleiletrosier:20170914182842j:plain

こんばんは、審神者、霊能者のロジエです。
今日はお金のことについて書きます。
人には、糧が必要です。
私は糧を得る時間を削ってスピリチュアルの活動をしてきました。でも限界です。
そろそろ、お金をいただかないと追いつかないです。
本業にしていいかな。
神様に聞いてみました、私はもう限界です、借金までして暮らせない、だからお金はやはり必要で、時間も体力も犠牲になっているのだから、金銭をいただきたいです、と。それは悪いことですか?


ロジエの兄より
私は前々から、お金をいただくように言っていました。
でも、一部の方々が、お金が要ることをとても悪いことのように書いたりしたので、基本の交換という概念を消し去り、減る一方の生活をする方が出てくることになりました。それが提供する側です。
貰う方はいいけど、それならお礼をしないと調和が取れません。豊かさに差が出てしまいます。
その矛盾に気づいて欲しかったです。
ここからは、私が書かせていただきます。


ロジエの、審神相談料金を引き上げます。今無料です。
それから、霊視相談は、有料にします。これもオプションでしたが、細かく設定します。必要な方だけに利用できるようにするためです。
もう生活ができないところまで来ました。それでも頑張りすぎて、自分を許せなかった。だから苦しくて苦しくて、仕方がなかったのです。
それでセラピーの言葉を教えました。
そのことわりも教えました。
ここだけでもあなた方は自分で治癒できるのですから、それ以上の相談があるなら、高度な審神と、霊視が必要になって来ます。
それ以上の専門のセラピーについては、学んだ人に受けて貰うことにして、ロジエの専門は、ご祈祷と霊視相談と、審神です。
それからアクセサリー、絵画、です。絵画については私が描いています。自動書記です。
ご縁を感じたり、理解できると思うようなら、あなたにとっていいものとなるでしょう。
ロジエの家は、二人暮らしとペットちゃんですが、身寄りがありません。二人とも。だから、頼る人もおらず、行政も何もできないと言われるところまで来ています。
それなのに、その気持ちがわかるから、と言って、無料で相談して来たことを、私は褒めてあげたいです。同時に哀しかった。それは間違いではないけど間違いでした。偏りが出るからです。
もののやりとりというのは、お互いに釣り合ったものであるべきです。それは否定でも断定でもありません。
ただ、本当に苦しくてどうしようもない場合は、ご相談ください。ロジエのように、もうギリギリ以上にない、という状態をなんとかしてほしいなどの相談なら、矛盾した話になるからです。
お金がなくても生きていけている女性の話がありましたが、その代わり対価として労働をしています。だから、紙幣に囚われた考え方は、本当に難しい、視野が狭いことなのです。
みんなで分け合う、それが私たちです。


ロジエの審神はとても高度です。私も最終的に、守護神の約束をしているので必ず守り通します。ですから、審神の料金は5万円です。
霊視相談は、2万円です。
絵画等は、私の心ですから、それから天使さんたちや、他の神様たちの善意でロジエを心配してご縁のある方から絵にしたり、デザイン考えたよ、とアクセサリーを作っていいよと涙ながらに伝えてくださった、ロジエがボロボロになっていくのを、見ていられないと、言われていました。
お金を使わせないように、一日中寝ているような生活です。ちょこちょこと、ご飯を作ったり、できるときに掃除をして、ペットちゃんたちのお世話をしながら、まだ子供なのでお母さんをしながら生きています。
そういう事情をわかっていただきたいので細かく書きました。
ご祈祷については、ロジエは祝詞がとてもうまく、研究もしていますので、これも白衣のクリーニング(必ず必要です)、榊の枝、大御饌の用意など、必要なものを買い出しに行くお金すら、もうないのです。ですから、ご祈祷も本当に心のこもった祝詞です、受けていただいた方には、ご神饌のお下がり(なおらい)と、祝詞の内容をお伝えします。祝詞に書いてほしいことがあれば盛り込んで書きます、とのことです。
それでご祈祷は、6千円です


ロジエが無料でしているのを、バカにしている人も私には見えています。
それに、無料鑑定をしている人は、どこか他で稼いでいます。だから時間のあるとき、です。
ですから、それは釣り合いというものがあるからできることです。
ロジエは審神に時間をかけ、霊視やご祈祷、朝の朝拝での気の引き締めなどにとても気を使います。ご相談を受けてもよろしいですか、この方を助けたいです、とお願いに来るほどです。
ですから、それだけの価値があると、思ってください。
私は、兄としてそう思います。
私の名前がわからないと不安だとか、疑いを持って私に話をしたいと言って来る方もいるでしょう、それもお話ししますが、霊視相談になります。
ちゃんとした整った環境で、こういうことは公平になされるべきです。


どうか、ご理解いただければと思います。
兄として、ここまで見届けて来ましたが、ロジエは無料であることを、一度も「無料だから無責任でいいや」と思ったことはありません。
それから、当て物、いわゆる未来を当てる、という透視というものは存在しませんので、そういうご相談には、方向性を示すことはできる、とだけお伝え致します。それは私たちから見た、導きの道筋というものです。ご了承ください。


ロジエの兄、守護神より

http://soleiletrosier.com
info@soleiletrosier.com あるいは soleil.et.rosier@gmail.com (携帯などからはこちらをご利用ください)
ミンネショップ「Soleil et Rosier」

minne.com

御心の優しさを大事に

f:id:soleiletrosier:20170910092633j:plain

こんにちは、審神者のロジエです。
マイナスの波動がみなさんの波動を下げて不幸になる、という差別と矛盾について書きます。

 

まず、みなさんは幸せでなければならないのであれば、その人たちだけで暮らすことになります。
それなのに、どうして声高に、傷ついた人や悩みを打ち明けてね、という関係が成り立つのでしょうか?
そういう不幸な人を寄せ付けては引きずられる、とよくお聞きします。ご相談者の方がよく私にそう語ってくださいます。
私も何度となく、そういうカウンセラーや占い師に出会いました。
「波動が下がるからマイナスの言霊を言うな」と言われた、という人にも出会っています。
では、そのマイナスの波動の言葉を「言うな」ときつい救済のない、優しさのない言葉は、果たしてプラスの波動なのでしょうか。
心の温かさでしょうか。
言葉に囚われて、その意味を理解していないのではないですか?
救いたい、と言う人は、何を救いたいのでしょうか。
それは辛いと悩んでいる人ですよね。
楽して幸せな話をお茶会して終わり、がしたいのですか。

 

私は本当に困ったことがあります。
「薬に頼っていたり、霊障がある人の相談を受けてはいけないと言われているので」と断りを入れるカウンセラーがいたのです。
それに「不幸な経験をした占い師や鑑定士は、人を幸せにはできないから受けてはいけない」と断定して言う人もいました。
本当に、あなた方は、この世の中で、人助けをするのか、お茶会をするのかどっちなのですか。
もし、そういうことを「そういう人に触れてはいけないですよ」と言う存在がいるのなら、それはその存在は力がありながら悲しい苦しんでいる人を救う気もない、遊びに来ているだけの方です。
決して救済のための、守護の存在ではないと考えられます。

 

理屈で考えて、お分かりでしょうか。

 

みんなで助け合って、不平不満を言ってもそれを最後には笑ってああ、解決してよかったね、と言えるような、そういう導きができる人こそ、本当の、ライトワーカー、という方々ではないでしょうか。
救いとは何か、心底ここに来て、あなたに会えて安心できた、よかった…と思えるような存在です。
そんな人に、なってほしいです。
私はそう目指しています。

 

ロジエの守護神より
コメントを求められましたので、お答えします。
ロジエの言っていることは、本当の意味での心の救済です。言葉がきついので、あなたの柔らかい優しい言葉で説明してあげてほしいと言われました。
私は、みんなが幸せになればそれでいいのですが、それが難しいかというと、とても難しいです。
せっかく幸せな人も、不幸な話を聞いたらどんよりするし、その話がとても当てつけだったり、「あなたはいいわよね」という言い方だったりすると、あなたのエネルギーは奪われてしまいます。
だから、相談する方にも、礼儀は必要なのです。
なんでもしていい、というわけではありません。
本当に、助かりたかったんでしょう?とロジエなら言うはずです。
だったら、本当の心の内を、あなたの、心の内を語ってください、私を攻撃することはないでしょう、と。
そういう経験をした人は、とても傷ついて、そういう方向性で攻撃的なお客さんを避けてしまう傾向もあると思います。
でも、そういう人の心の怒りは、本当に辛かった、悲しみなのです。
だからそういうときは、あなたの怒りの根元には、最も深い「悲しみ」があるので、それを癒していきましょうね、と優しく話してあげてほしいです。
お願いします。
ロジエの兄、守護神より、愛を込めて。

 

お兄様、ありがとうございました。
おっしゃる通りです…
私もかなり癒され、あなたに教えていただいた方法は、とても有効でした。(過去記事参照)
ありがとうございます。


ロジエ
soleil.et.rosier@gmail.com
soleiletrosier.com
@soleiletrosier
ご相談、霊視、審神、ご祈祷(どういう種類でも可能です、神道式の祝詞と祭式です)承っております。
また、天使さんや神様たちにいただいたイメージを、自動書記で描かせていただいたり、アクセサリーのイメージをいただいて作っております。よろしければご希望くださいませ。ミンネにて販売中です。

 

審神者、思考中。

 

現在の「憑き物」との状況
騙し騙し、まやかし(憑き物)に何か危なくない程度に自由にさせて、何もしない日々。退屈でゲームしかできないまやかしは何か書く時に奪いたがる様子。それを神様は何故か許している、と見ている。理由はあると思う。

大事な画用紙を出してきて絵を描くのだが、下手だったりうまかったりして偽物だなと私が思うと「ごめんなさい偽物だ」と言いながら消しゴムをかける、何回も。そして最終的には、何度か繰り返してから、仕上げるまで自動書記できることはできる。出来上がりの作品は本物にほとんど近い。偽物か偽物でないかギリギリに思う。例えば、天照大御神様の絵など。私が見た天照様にもそっくりなんだけれども、微妙にもっと美男子なのでどうなのかなあと思っている。
また悪魔は私の持ち物を消費させてお金や物を奪う気なのか。

守り切れるのがギリギリなのか、何かを説得するために私たちには考えられないような計画があるのか。遠回りに何をしても無駄、と思い知らせて諦めるまで何度でも繰り返す作戦では?と個人的に思っている。悪魔はバカではないのでそれは知っているだろうけど、根負けはあるのかな。
それか私が思いつくような事なら悪魔に思考を読まれるので、神様の計画はもっとめちゃくちゃに高度なものかもしれない。
うーん、後者の方が説得力がある。
という状況です。

昨日ツイートした気まぐれなつぶやきが審神になってます。
「手出し」とか「面倒をみる」とか、そういう言葉は使われないだろうと思われます。
よく見ると、必要な濁点がありません。そのツイートに。

誤字脱字はよく読んでからタイポを確認して直してからツイートしてもおかしくないだろうというのは落ち着きのない悪魔にはできないのだろうか。神様なら信じてもらうためにしっかりするだろうと思う。

それから、ツイートにもあるように昔から、古事記書物のどこどこに何が書いてある、と指摘されて審神者さんが確認、それで合っていたら本物だ!となる、というやり方もありました。でも、悪魔はそれはできないです。例えば私が忘れている単語や、私が知らない知識については「ほら、書いてみて」と言っても間違います。長年憑いているのだろうけど、知識はそんなにないのかな?それか嘘を壮大に言っているか、です。それは恐ろしいことです、なぜなら一回、プレアデス事件(過去記事参照)の時に夜中対話していて、相手のことを全てほとんど見透かした回答を寄せていたからです。私が知らない単語まで。

ただ、誤解をしないで欲しいのは、予言も確かに神様の神通力だと思われているのですが、それは緻密な計算に基づいた当然の帰結からくる回答ではないかと思っています。もしくはすでに決まっている情報を総合して一言で教えてくださっているか、です。
そしてお導きがあるのでは…ここだよ、と。大事なことだよ、と。そういう第六感のようなものは、人には備わっているのは、皆さんも人生で一回ぐらいは感じられると思います。

そんなに少ないの!?と悲しまないでくださいね。
私は過去に、「ロジエ、おいで」って出掛けるのに途中で喫茶店に誘われて(ものすごく光っていてはっきりと姿が見えていた)手招きされて、入ってお茶を飲んだらトイレに行きたくなり、そのままものすごい下痢。水のような。(お食事中の方ごめんね)30分電車に乗る予定だったので、危なかった。私に恥をかかせることと、倒れることは直前に必ず教えてくださるのです。
それから、憑依で夜中に怖いことをしないかと恐怖に駆られたことがあり、眠れなかったのですが、体は寝ていて頭はぼんやり起きている状態で数時間、手を前で組んでビクとも動きませんでした。起きだそうとするイメージが来るのですが、絶対に起きなかった。御守護にとても感謝しています。

どうしたらいいのかわからないけど、見破るしかないのかな?まやかしを。
私は「審神なんて、気楽にすればいいのに」なんて言われても、なんとも思ってません、「神様」とお話ししたい一心です。
「任せて欲しいです」と何度も言われるのだけど、そうせざるを得ないほど体が憑依で辛い状況です。一言で言うと「しんどい、動けない」です。
悪魔はやりすぎて私をダメにしても仕方がないのにね?どうするつもりなのかな。

大好きな神様、愛していますよ、いつもありがとうございます。
いつか、まやかしが晴れて、みんなが幸せに守護のあなた方善なる存在とお話しできる日が本当に来ますように。
私の願いが叶いますように。


ロジエより、心から愛を込めて。

soleiletrosier.com

soleil.et.rosier@gmail.com

@soleiletrosier