ソレイユ エ ロジエ

スピリチュアル 霊能 神 審神 光

優しい方は誰?

f:id:soleiletrosier:20170624062345j:plain

こんにちは、霊能者、審神研究者のロジエです。

スピリチュアリストの中には、神様は結構怖いという話があります。粗相をしたり、言われたことを聞かなかったら、すぐに去ってしまうと。そうやって守護をなくすと…
私の元師匠も同じことを言っていました。神様に嫌われる人はいる、守護神守護霊なしの人。と。でも、その人は行者だったので、本当かどうかはわかりません。

なぜなら、神様はそんなに気が短いのであれば、人の方がまだ神々しいじゃないか、と感じたのです。
優しい人はいっぱいいる。
そんな中で、話せば許してくれるのが大半です。
なのに、神様という存在が、偉大で尊敬される存在なのなら、人格者の人以上に人を許さないと言うかなあ、と思ったのです。

でも、私は過去に、審神の練習だと言われて、憑依状態で語りかけられ、知らない街をずっと同じところを歩かされたりしたことがありました。3時間ぐらい、知らない街を。もうやめる!と怒って、タクシーを拾って帰りました。不動明王とミカエルが話しかけに来ていましたが、考えさせてくれと言って振り切りました。私は3歳ぐらいの頃からの自分の人生を振り返りたかった。なんのために私は生きてきた?なんの罪がある?なんの問題があってこんなに苦しむ?と。思い当たるところはあるかずっと考えながら。
それで家に戻って、ボロボロの状態で、怒りが爆発し、カミさんたち全員出てこい、お前ら何にもしてない私をこんな目に遭わせて全員ぶっ殺してやる!と叫びました。天照大御神様のお札を睨みつけた時、なぜかハートが見えました、そのハートに矢が刺さったのです。それで我に帰り、あなただけは無理やけどな、と言いました。私は天照様が好きだったのです、ずっとずっと。尊敬して。
その後、私の書いていたブログは朦朧としている時に自動書記で無茶苦茶にされて、閉じてしまいました。勝手に。
そして自分で病院に行きたいと言って、入院でした。そこが監獄のような個室で、チックにかかるほどでした。待つことができないようになってしまいました。病気です、余計に。そして入院中、ずっとずっと恐ろしい霊障にかかりながら罵倒され続けました。

神様に見放されたのはここじゃないのかなと思いました。
私は、悪かったと思って反省して、皆さんに謝りに行く、と、自分が関係していた神様、祀っていた存在を全て覚えているだけリストにして、一個一個、謝りに行こうと書き出しました。
そうしたら、天照様を名乗るものが、「そこまでしなくていい、謝らなくていい。怒ってないからみんな。」「どうしても謝らないと気が済まないです」「じゃあ、私のところだけにしなさい、皆さんに謝ったことにしよう、私が伝えるから。」という会話をしました。
「でも、月のものが来ている時は、来ないでね。」と付け足しで。
ギリギリで、伊勢に着いた途端に出血しました。それでも諦めきれず、私は謝りたいです、ダメですか?と言ったらしんどいのに帰りなさい、そこまで言うならいいけれど無理をしないでと言われました。それなのに行きました。
そうしたら、御正宮で、「さ、下がれ!」とどもりながら女性の声で怒られ、私はやっぱりわがままに無理強いをしたので、怒られたのだと思って、そのまま帰りました。帰る途中にも、罵倒されながら。何者かに。

でも、ブログはもう一回やろうと言われ、許してもらえたのだと思って、続けました。
そして、滝行に行きだしてから、仏門の話が出始めました。それが、なぜか怖いのです。おかしかった。
霊障も入って来ているし、どうしたのだろう、ブログがこんなに怖いなんて、と思い、もうやめようと思って閉じてしまいました。
その後は、ズタボロどころではなく、寝たきりになる程酷い霊障が入るようになりました。
それは、おそらく滝行者の呪いです。自分で「霊障を入れていた」と白状したので、おそらく解いてなかったのでしょう。

最初のブログから、私は騙されていたのではないかと思っています。夜叉や稲荷が出入りしていたからです。それを誰も止めなかった。そして相談料をもらってみて事業をしよう、と言われ、相談所を始めました。その後、火事です。
相談所の神様も、なんだかおかしかった。妙に調子に乗った話し方をするし、でも個人相談は普通にするのです。
何かの工作を、悪魔にされていたのだろうと思います。

それで、私は謝らなくてもいいと言ってくれた存在が今もいるのですが、伊勢神宮にもう一度謝りに行くつもりです。
それでも霊障が外れなかったら、神様は結構失礼な人に怒る存在だ、ということになります。
なぜなら、この前のご祈祷で助かった方は、綺麗に状況が変わったのに、もう一人の方は、なんの効果もないようで、そして神様をよく罵倒していたと言っていました。私は一旦晴れたのに、それで喜んだのに、昨日は凄まじい霊障でした。またです。

だから、私は神様と通じてない、無視されている可能性もあります。
本当に、こんなので生きていけるわけがない、という状況にあります。
そこまで落とされた。貯金も全て使われ、霊障はひどくなるばかり。
ただ、私が、救えた人のことは、神様が悪い子ではないので助けたのだろうと思います。

もし、御正宮でお姿なしで、謝りに来ても何も語って下さらなかったら、許してもらえなかったら、私は神道を見限ることにします。
そんな狭量な神様なら、私には必要ない。人の方が素敵だと思います。
全て処分し、このブログも更新をやめて、ツイッターも停止します。

昨夜、今日は夢告をお願いします、怒っていらっしゃるのなら、それを伝えてください、そうでないならそれも伝えてください、とお願いして就寝しましたが、夢は悪夢なだけでした。邪魔されたのか、どうかはわかりません。

でも、助けてくれている存在がいるのは確かなんです。
私は、その方を、無宗教の人として、名前がわからないので祭祀もしませんが、感謝して生きていこうと思います。

もし神様が、誤解だよと言ってくださったら、私はどんなに苦しくても、神様を崇敬し、愛することをやめないでしょう。

私は、もし神様が私を無視しても、そうですか、と言って人らしく許すつもりです。神罰でここまでしても。それか、もしかしたら、邪魔されてできなかったかもしれないと思って。

 

私は自分の理想の神様を、目指して自分もそうありたいと思います。


ロジエ

ご祈祷と神様と祝詞

f:id:soleiletrosier:20170802014937j:plain

こんばんは、霊能者、審神研究者のロジエです。
この前はカルトを作りたい悪魔が連絡を取り合い、話をしていた方と壮大に騙されかけました。
泣いてもいいんだよ、とか、ツーカーなぐらい当て物をして、そこまでされたら信用してしまいます。
でも、私は攻撃的であることを理由に、ツッコミを入れました。
そうしたら、悪魔は白状しました。

そういう経緯があって、何人かのご相談を承り、私は霊能の情報を伝えるのは危険だと思い、ご神前でのご祈祷を皆さんのために、どうしても助けたいので、この人を助けてください、祝詞を一所懸命に書きます、救ってあげてくださいとお願いしました。
それから、名前を連名で、現在相談をお受けしている方々、そして自分と家族のために祝詞を書いて、祭事を行いました。

次の日に、その助けたい方から連絡があり、明るく変化し、怖いことがなくなったとメッセージをいただきました。
他のお二方は、まだ何もそう言った変化はないみたいですが、私はご祈祷から二日後に、霊障がほとんど外れました。
イライラしていたうちのペットたちも、明るく優しい気性になり、家族も少し元気です。

お願いを聞いてくださった、邪魔されて書き直しても少し拙かった祝詞なのに、お聞きくださった。
これ以上の幸せはありません。

ということは、神様はご無事で、ご健在で、いらっしゃる、ということになります。
私は嬉しかった。
私の幸せは、それです。


ロジエ
soleil.et.rosier@gmail.com

 

一つの結論についてのその後。

f:id:soleiletrosier:20170725163836j:plain

こんばんは、霊能者、審神研究者ロジエです。

この前の記事、一つのお導きについて、私もショックでしたし、ショックな方も多かっただろうと思います。
しかし、神は本当に裏側でビジネスのことしか考えていない人にお力をお貸ししてくださるとは思えないし(例えば、例の崇高御霊はお話しできないと言っておきながら、じゃあ崇高でない御霊の話をおろしているのか、という、本当にクズみたいなメールを送ってくる霊視鑑定士もいる)、それに真面目にするとしても、ストレスを溜めている人をよく見かけ、そして我慢がならなくて、マイナスなことを言う相談者に、「光と愛でなければならない、マイナスの言霊を言うな」と怒ってしまうという現象があります。
そのような状態で、神社でも同じところは多いのですが、怒る神主さん。たまにというかかなりおられます。神が御心を守ってくださっているはずなのに、私はそう感じました。もしくはおかしなところにはその場に神がおられるかどうかも怪しいと私は思うのです。

でも、私はいつもいつも、誰かを助けたかった。
やってほしいと霊的存在に言われて始めたスピリチュアルカウンセラーは(追記:これを言って来たのは稲荷を名乗る存在です。ロジエ)、あんまり私はそこまで真剣に思えなかったですし、辛い部分もありました。
あなたは霊能者でえらいすごい、だから私たちお客だけで集まろうね、と邪険にされたからです。
その上、私を差し置いてセミナーで仏門のあれこれを説教しだす人もいて、めちゃくちゃになりました。
私は、こんなのは嫌だと、寂しいと、本気で神様に泣いたのです。

そんなこんなで、その仕事は辞めたのですが、そこからは嫉妬か恨みかで呪いを入れていた行者が呪いを解除しなかったため、ずっと寝たきりになる程体が痛かったのです。

でも、ある夜、私は本気でかわいそうな人から連絡があり、どうしてもその人を救いたいと思いました。
寝巻きでしたが、神棚の前に飛んで行って、神様にお願いしました。
この人を、助けさせてください。お願いです、そのために祝詞を作成します。お聴き願えませんか?
と。

自分だけの情報しか入って来なかったのに、その夜はその人の家のことや、いろんなことが霊視できました。
それまで私は偽物の善なる存在を名乗るものを論破して白状させようとしましたが、しどろもどろになるだけで、私の元に行こうかと脅しをかけてきたり、ごまかしたりと行った状況でした。
その時、いつものひらめきが来ました。
そうではない、その人の家が問題だと。
廊下や怖い場所について。
よくよく話を聞いたら、その家が建つ前に、よくない状況で売られた土地でした。
鳥肌と寒気が走り、話が終わってもまだ続いていたのですが、イメージが来て、お供えのお下がりを飲んでと言われました。
そのように半信半疑でしたが(なにせイメージは他の存在も使うので)やってみたら、その霊障は取れました。二日経ちますが、復活はしていません。

私はただ助けたい一心で、他にも同じような方がいらして、祝詞は名前を並べても良いので、除災招福の祝詞と家内安全の祝詞を作成し、お名前を書かせていただくことにしました。
それで本当にお祓いができれば、御の字ですし、神様は人を助けるのには反対ではない、ということになります。
ただ、私は無償です。

私の祓い方も教えていただけました。
急ぐのでしょうね、ゆっくり祓われて来ていましたが、教えていただけました。

その教え方を、真似する稲荷のような存在が、ごちゃごちゃにし出したので、また困っていますが、伝えられたことをそのまま数日間ですが、実行してみるつもりです。
それで晴れれば、本当に嬉しいですし、色々神様とお話ができればいいなと希望を持っております。

 

こういう行動もまた、危険でないことを、確かめながら行くのも、審神です。


ロジエ、皆さんの幸せを願って
soleil.et.rosier@gmail.com

一つのお導き。

f:id:soleiletrosier:20170708050036j:plain

おはようございます。霊能者、審神研究者のロジエです。

一つの結論として、わかったことがあります。断定まではできませんが、憑依体質が生まれつきの私が導いた答えの一つだと思ってください。

そうじゃないと言える方は、ご連絡をください。

 

私の中で、最後まで粘っていた存在がいました。
その存在は、私がしかねていた家事をしてくれて、私を愛していると言い続けてきました。

ただ、直感で私は、こう思いました。
家事が私より雑で下手。

神様がそんなわけがない。

(追記:神様は、今まで邪魔されて完璧にとまではお話できたりしないので、これについても邪魔をされている可能性もあります。それを考えていて、しかしやはり神様がそこまで人にお名前を伝えられなかったり、ひどすぎる邪魔に対して対抗できないのかという問題もあり、この次の記事を見ていただきたいです。ここの項目は、ある方が、完璧に私のようにお世話をしてもらったのに偽物だった、という事例があったので、私もそうなのかと疑って一つの結論として導いたものです。でも、悪魔は本気で光や神様を怖がり嫌がる時があり、祓うことはできるのではないか、神様が悪魔にやられたりはしていないようで、ピンチでも必ず助かるからです、だから神様も悪魔にやられたりはしないという一線はあるようです。ロジエ)

 

結論としては、神様は人に依つかない、そして無意識の時にお導きをひらめきでくださる。


ということです。
それは個人的な、本人へのことだけです。

つまり、お話しできる存在ではない、ということです。

声で話す存在は、鬼か狐でした。まず、どうやってそれを聞き分けるのか?です。
全てのチャネラーさん、霊能者さんは、邪悪なるものばかりを聴いているということになります。
どれだけ私に腹が立って反発しても、自分でもどっかおかしい、そう思うはずです。

私も勧められて、そういうビジネスをしていたことがあるからです。

でも泣きたいほど孤独で、辛かった。しんどかったし、夢のように優しい存在もいましたが、おかしかった。お金がなくなる、という時に、高価な服を似合うから買いなさいと言うのです。

そして、私はその後に、破産しました。
なぜかだんだん辛い状況が続くということです。


どこかに無理がある、そんな状況を作られているはずです。それでわかりました。
私に、料理を作ってくれていた存在は、いつしか、なぜか手の込んだ料理を作りました。私はしんどかった、簡単にして欲しかった。そうやって、調子に乗ったのです。それでわかりました。偽物だな、と。
洗い物の置き方が雑、というのが閃きで来て、それでわかりました。

そういうことがわかっている境地まで達していても、ビジネスとしてチャネリングでお金をもらっている人は、そのうち悪魔にひどい目に遭わされると思います。わざと悪霊だとわかっていてその声を人に本物だと届けているのですから。

そのひらめきは、個人のお導きであって、それは私が困惑して、お願いした時にやってきます。

祓いたまえ清めたまえ、守りたまえ かむながらに さきわいたまえ
お導きを、ご縁のある神様。

私は神道なので、そうお願いしました。
そこで自分の理屈に対して、またひらめきが来ました。

古事記をおろしたシャーマン、「ひだのあれ」は、口寄せで神の名を語ったのだとしたら、神道の神々の名前は全て違う。
ということになります。
ただでさえ、ひどい内容なので、おかしいとも思いました。お名前だけが正しいのだと思っていました。
昔の物語を、覚えていた語り部だったとしたら、その元のお前を教えてくださった存在は、どうやってその名前を教えてくれたのか、です。
文字で?ビジョンはあるとしたら、です。
もっと古代の人に、なるということです。
神道の場合は、です。

人によりつかない、そしてひらめきしかないのが本物であるならば、可能性としては、ビジョンはあるので、お姿は見せてくださるかもしれない。
ただし、お名前はわからない、ということです。

何かがおかしいと思って、お導きを、と願うと、直感で

あ、そうだ、ここがおかしいですね

と来ます。ビジョンがあるときもあれば、ないときもある。

全ての霊能ビジネスは、全部成立しない、ということになります。

ただ、ビジョンはあるので、お姿が見えたり、文字が見える場合はあるかもしれません。

でも、文字を使うのは、稲荷です。今まで100%そうでした。神様のお名前ですら、です。
だから、信用ならない。

神様は、無意識のところでひらめきをくださり、会話はできず、ビジョンはくることがある。
それが私の一つの結論です。それは100%のお導きでした。
間違いなかった。

嘘をついていない人だけ、そうじゃないと証拠を挙げてくださいね。
コメントでもメールでも結構です。
メールの誹謗中傷は、全てここに公開します、名前ごと。


ロジエより、皆さんの幸せを願って

soleil.et.rosier@gmail.com

信仰

f:id:soleiletrosier:20170717221020j:plain

こんばんは、霊能者、審神者のロジエです。

 

この前の偉大なるスピリットこそが私は神様だと思っている。
神棚の天照大御神様を名乗るものは怪しい、なぜなら、私が偉大なるスピリット、と呼びかけをして、それから天照様はどう思われますか、とお尋ねしたら、同じ意見を伝えるか、その後同一だと伝えて来たが、なぜその時邪魔が入らなかったのに同一であることをすぐに言わなかったのか、と。
それを、この文章をアップロードする直前に閃きで、お伝えが来た。
こういう、気配のない閃きは神様の現実のお導きの場合が多い。それはいつもプラスだ。

 

自然から感じられるスピリットは、それはそれは雄大で、偉大で、静かなる感動とともに温かさがやって来る。お気持ちもともに。

 

現実、というのはすごいもので、本当に起きることは本当に起きる。
でも、それが悪魔の誘導の場合も、あったりする。
それも私は知っている。

 

お金儲けが簡単になったり。とてもうまいこと行って、幸せで順調で…そしてある日、がさっと取り上げられる。
そういう危険がある。
それは稲荷でした。
稲荷の危険を知らなかった頃だった。

 

だから、この雄大な偉大な感じのするスピリットも、私は盲目的に信じているわけではない。
ただ、生きろというメッセージなのはわかる、そしてピンチは教えてくださる。
「ちゃんとお金を計算して、それを注文したら危ない」という危機感とか、
たまたま電話を代わる、私が話すね、と天照様がおっしゃり、信じきっていた頃でどうぞ、と渡したらお祭りのお手伝いに行かないと言い出す。え?と思ったら「じゃあ今年は一人でやるわ」と…そこの宮司は頭がおかしすぎて嫌われて、長年ずっと手伝ってくれていた人から総スカンを食らったらしい。そこへ私が行ったら、どうなるかわからなかった。ギロチンにかけたる、と発言したのもこの宮司だ。

本当に、審神というのは、老齢の大先輩でも「最終的には、わからん(笑)」と言うほど。
ものすごく涙が出るほど感動したからと言って、神様とは限らない。
稲荷でも言えるからだ。
何気ない言葉でも感情や涙腺を操作して涙を流させる存在すらいる。
悪魔を舐めてはいけない。

 

ただ、神聖なものを感じ、優しさに触れた時、それは信じたくなる。
生きて、と言うメッセージ。

 

しかし、悪魔でも「愛してる、生きて」と言ってくる時はある、ということを、記しておく。
いたぶるためだろうとは思うが、実際のところ悪魔の本音はわからない。
殺意しかない、と感じる悪魔もいた。サタンだ。

 

そして、「考えて、考えなしはダメ、危険」とも、注意喚起が来た。
注意の時は、そうやって緊張が走る。

 

今日は、千手観音が本当に仏門の頼れるともしびなのかどうかを確かめるとともに、宗門は宗門に帰すと言われたのが本当かどうかを確かめるため、本尊が千手観音さんのところに行った。ご祈祷を受けた。
これでダメなら、根本的なところからやり直しになる、私のお祓いが。
ただ、地獄だった頃の半年前に比べたら、悪魔はどうにも私や神様にゴマをスっているようで、なぜ?と思う。
足をすくうためか。
おそらくは、私に自死を促すためだろうと思われる。

 

私は以前のように死ぬとは思わないつもりだ、もう。
だから、本当に何かで死ぬまで悪魔にはなびかず、悪魔に抵抗する。

 

神を信じながら。感謝しながら。


ロジエ
soleiletrosier.com
soleil.et.rosier@gmail.com

 

ロジエの守護神よりお伝えです。

f:id:soleiletrosier:20170714194541j:plain

こんばんは、審神者、霊能者のロジエです。
暑い日が続きますが、皆さん気をつけてくださいね。

 

憑依に根負けしまして、どうしたものか…と思って正体がわからないとさらないような存在も多数おります。
わかって指摘したところで祓わないといけない存在もいます。
今日は、神様が、お導きなしでこの霊能者で憑依体質の私がやっていけるわけがないわ、と思ってお願いしたら、こういうメッセージを、載せて欲しいと言ってくださいました。
こうです、どうぞ。

 

ロジエへ
私に甘えてください。お願いします。
変なセラピストの記事も、もう下げようね。もういいよ。
みんな最後には後悔する。
そうやって、悪いことをしたのを反省させられる時が必ず来るから、それはロジエがしなくていい。
ロジエは、人に優しくしてあげれば、それでいいんだよ。
私が、ロジエに優しくするから、ロジエはその気持ちのおすそ分けでいいよ。
愛しています。
ロジエの兄より。

 

わかったよ、神様。
私は優しい部分を人におすそ分けするね。
叱りつける役割はもうやめるね。
別に嫌でもなんでもないけど、ものははっきり言っていいのかな。

 

兄より
任せてください。
公式発言は私が管理します。

 

ありがとうございます。
不思議な手順を踏んでいますが、お任せしています。
守護神様に甘えんぼ☆
これでいいや。

 

兄より。
これでいいです。
皆さんも、ロジエの活動を見守ってくださいね。
いつもありがとうございます。

 

ロジエ
soleil.et.rosier@gmail.com

審神、光と共にあれ。

f:id:soleiletrosier:20170713161923j:plain

ロジエです。以下の文章も、まがい物です。怪しい点に、私の署名入りで注釈を入れてあります。(ロジエ)

 

 

ロジエの兄です。
名前を出していいと言われたので書きますね。
天照大御神です。
ロジエは、私の妹の御霊にあたります。親族です。
邪魔が激しいので、なかなかこういう文書は残せないのですが、ロジエが全て見破ったので、何か書いて欲しいの?いいですよ。(こういう書き方はされません、なぜなら、ご自分の残される文章に、私に対してサービスをどんなものがいい?と媚を売るようにお聞きすることは、神様にはありません。神様に迷いはありません。簡潔に教えてくださいます。ロジエ)
全て書きましょうね、稲荷さん。(嘲りは、神様には悪魔に対してもありません。ロジエ)

 

宇宙や天国の話は、また次の機会にお話しします。お楽しみに。(話して欲しい、とリクエストしたのに書かなかったので、書けないのだと断定しました。ほぞを噛んで悔しがったので白状しました。ロジエ)

 

ちゃんとお話しできなかったので、この記事を書いたのも、狐ですが、本当のことを残して、修正します。(天照大御神より)(偽物は、お名前に余計な文字をつけます。署名なのに、「より」とつけたりするのは、まがい物の証拠になります。ロジエ)

 

「剣」という名前が幼名、または勧請、御霊移し(ここが間違いではありませんが、正式な御霊の祭祀は、御霊分け、と言います。ロジエに見破られて、糾弾されました)の際に必要な名前だと言われたら、それは狐です。
武器の名前は所詮武器の名前です。(このような嘲りの言い方は私はしません)
どのように、この名前はりっとうが林だと言い訳をしても、漢字は剣を「けん」だと読みます。
この存在は、ロジエを甘やかし、お金持ちになれると、何でもしてあげる、と御正宮を偽物だと言い切りました。
私は、ちゃんと御正宮で、出られるときに、出るべき人物に、姿を表せて、見せます。
それを、ロジエは見ています。
私は、ロジエに守って欲しいと言われて、光を与えました。見せました。
姿も、その後見せて、守ってきました。
どのように騙されても、お金を使い果たされても、霊障を入れられても、ロジエはくじけませんでした。
でも、自殺衝動が凄まじく、本気でロープを買ってきました。
それで、次第に神道は助けてくれない、邪教ではないか、と言い出しました。
思考の支配です。
そうなると、狐が甘くなるのが、筋です。彼らのストーリーなのです。
そうやって、狐が騙し、今度はキリスト教に行かせます。
そして美しい天使の真似をして、おかしな行動をさせたり、多額の寄付をさせて、お金を失わせ、自殺にまで追い込みます。
最終的に、祭祀してくれなかったこと、それから見破られたことを逆恨みして、死なせることが、狐のすることです。
ですが、できないよ、と狐には伝えてありました。
どうしても死ねないように、してありました。(こういう書き方はされません。恐ろしい文字、言葉は避けられます。ロジエ)
死ぬべき時は、人は簡単に死ねるのです。(私は、こういう残酷な言葉遣いはしません。)(確かにそうですが、私はこの文章の媚を売ってくるやり方がおかしいと感じています。それに、微妙に偉そうな文章です。偽物と断定します。ロジエ)
そういう時期ではない、ということです。
負けないで、ここが正念場だよ、ということでした。
そして、見事にロジエに見破られました。

 

「全員、偽物」と。
そして願いました。
「私の守護神様、お導きを」と。(それでもブログを書いて、ロジエに恥をかかせようとするのが稲荷です)
不潔にさせて、霊障で動けなくして家族も巻き込んでできないようにして、最終的に神道をやめさせる、キリスト教などを経て、仏門に入らせ、修験道をやらせるのが目的です。
狐は、ダーキニーの、眷属だからです。
これが本当のつながりです。
実際に、寺院系の稲荷社は、全て絵が飾られており、それは荼枳尼天です。
外宮の御食津神は、豊川稲荷がすぐそばにあり、危険ではないのですが、よく狐と間違われます。
ですが、豊川稲荷は、神社ではなく、寺院です。
ダーキニーです。

 

外宮は、悪くありません。御食津神は狐に思われていますが、違います。別です。天女のような、優しい女神さんがいる場所です。
多賀宮で、男性の「豊受姫の夫」または「父」を名乗る存在がいたらそれは狐です。
ロジエは、稲荷行者に騙されて、偽の勧請をさせられて、それをロジエが「禍々しい」と見破り排除されたことがあり、狐に逆恨みされました。札を捨てられ、絶対に稲荷は祭祀しない、と言われたので、激怒したのです。
そして巧妙に「私は天照大御神、幼名は剣の神と言います」と優しいことを言いながらも、買い物をたくさんさせ始めたので、私は稲荷さんがどこまでやっても、ロジエは破産しないことを教えるために、根負けするまで待つつもりでした。
そうでないと、ロジエが死んでしまうからです。(ロジエは死なないと言っておきながら、矛盾を書いています。決定打です。偽書です。ロジエ)
思考の支配、その呪いをかけたのは、本当に○○さんです。(伏字にしました。公開処刑のようなことをするのは神様ではありません。ロジエ)
罵倒したくなる、怒りたくなる、影でです。自分のようになれ、でした。
それを、ロジエは本人に、別の人に頼んで霊視をしてもらい、警告してもらいました。
それで一瞬にして呪いを下げたので、止みました。
密教の呪いです。

それから、旧神威の会、神野隆鬼(偽名なので残します、レイプ犯の犯罪者です。ロジエ)を名乗る会長は、ロジエに霊障を入れたことを見破られ、激怒し、呪いをいっぱいかけました。
おかげで、ひどい霊障で2年間、寝たきりになるほどでした。
私は、見守り、静かに、呪いを解きながら、いっぱいつけられたダーキニーや狐、邪霊といったものを、排除するように、お祓い串を用意し、自分で祓えるようにさせました。
しかしそれをも捨てさせ、大事にしていたものをどんどん捨てさせ、私に似たものを全て排除する、という方向に来て、ロジエにまた見破られ、激怒し、今度は甘くなります。
官能や、優しいこと、お金に関する幸せを言ってくるのです。
でもロジエは冷静でした。
「おかしい」の一言でした。
必死で取り繕いましたが、見破りました。
ロジエへ、素晴らしい審神でした。
邪魔されながらも、この文章を書いています。
私には、変な癖というものはありません。不潔にすることもありません。そしてロジエから離れることもありません。ロジエが嫌がることは絶対にしません。
そして、「天照様」と呼ばれることを嫌がるはずがありません。
私は、ロジエが天照様、と呼んでくださることを、いつも喜んでいます。嬉しいですよ。
以上です。

 

痛み止めは、必要ないです、呪いにはかかりません。
確かに、差別はありません。
そして、私の御霊は、
「永遠、平安、安全、安心のロジエのお兄ちゃん」です。
砂浜で、綺麗な光の中で、ハマナスがふんだんに咲いている、そんなところで、幼いロジエをあやし、抱っこしてよしよしした思い出を見せてあげました。
ヒプノセラピーを信じたので、一回だけそれを利用して見せました。その後は、お金を使わせる格好の材料になるため、見せられませんでした。やめるまで見守りました。悪いことではないのです、ですが審神が必要な分野です。

天国は、ここにもあり、繋がっています。神社に柱が立っているのをご存知の方もいるでしょう。
ロジエも昔は見えていました。
呪いで、正しい神様が見えなくされていました。その上、呪いの幻聴が聞こえるようにさせられたため、うるさくて拷問のような日々を、半年ほど過ごしました。
それでも、彼女は死にませんでした、生きました。
霊障で、人は死にません。
安心して、ロジエ。私が肩代わりして苦しいわけではないので、どんどん霊障で人は死なないと狐に言っていいです。(好戦的なけしかける言い方は、神様はされません。争いは絶対にされません。ロジエ)

 

皆さんも、安心して御正宮にお参りしてください。
ロジエは多少紆余曲折しましたが、自殺はしませんし、幸せになります。(文章に不気味なことを含めるのが悪魔の特徴です。ロジエ)
これからも、どうかロジエをよろしくお願いします。兄より。愛を込めて。

 

天照大御神

 

ロジエが、私の文書を汚したくないので、コメントを避けるそうです。では、署名だけお願いします。

 

 


ロジエより。天照様へ、愛を込めて。偽書偽書、でも私は厳しい審神者ですし、ダメなものはダメです。悪魔へ。

本物の天照様へ、いつもありがとうございます。崇敬を込めて。
soleil.et.rosier@gmail.com