ロジエの霊能・審神ブログ

スピリチュアル 霊能 神 審神 光

ロジエより、愛を込めて

f:id:soleiletrosier:20170815053611j:plain

みなさんおはようございます。
シャーマン、審神研究者のロジエです。

 

私の今までの文章はとても暗かったと思います。
でも、それでも私は、命をかけていつも何かに望みます。
その姿勢は変わらず、その情熱がマイナスに見えるか、プラスに見える時の違いなのです。
今は、ほんわかしています。
なぜだかわからないけど、やはり、シャーマンだったことを思い出したからだと思います。
朝日を浴びることを習慣にして、やはり大自然のスピリット、神様とは、お優しいのだ、ゆったりと雄大なのだと理解を再確認したからだと思います。

 

私は、「私は飢えの呪いをかけられ、そして鬼に御霊を削られ、鬼の世界にいる、ゾンビのようになっている、もう御霊はないから、意識だけの存在になってしまった、もう、意識は途切れ途切れで、本当に恐ろしいが死ぬしかない」と神様を装った悪魔に言われました。
私はその時、審神ができなくて、彼を信じました。
「置いていかないでください、私も一緒に、暗闇なのなら、そこで眠ります。あなたを愛しています。一緒に永遠に眠ろう、お願いです。」
私は、本当に怖いことですが、霊体の意識さえなくなっても、私の神様を愛しているのです。
だからそう言いました。優しく。
そうしたら、私は死にませんでした。
その代わり、その悪魔はだんだん私に優しくなり、大丈夫だと言い始め、ついには嫌がって白状しました。自分は悪魔だと。

 

悪魔は、愛によって、攻撃ではなく、愛で、逃げるのかも知れません。
人は、愛情深い存在です。本来は。自分の愛する人が一人はいるでしょう。
だから、ツイッターで私の守護神様が教えてくださったように、光の世界のことを見せることで、悪魔に二度と来たくない、と思っていただく、それが神々の、平和的な目指すところの、この地球の人類やみなさんの救済と、世界の平和なのでしょう。

 

 

今日は、終戦記念日です。
争いで争いは無くならない、死の恐怖に怯える兵士の写真を見ました。
もうそんなことはやめてほしい。
どっちの兵士も、死にたくないはずです。
愛を持って。
私たちは、分かり合えるはずです。
愛しています。


ロジエより、愛を込めて。
info@soleiletrosier.com
soleil.et.rosier@gmail.com

soleiletrosier.com
ご相談は、サイトにて詳細をご覧ください。承っております。