ロジエの霊能・審神ブログ

スピリチュアル 霊能 神 審神 光

御心の優しさを大事に

f:id:soleiletrosier:20170910092633j:plain

こんにちは、審神者のロジエです。
マイナスの波動がみなさんの波動を下げて不幸になる、という差別と矛盾について書きます。

 

まず、みなさんは幸せでなければならないのであれば、その人たちだけで暮らすことになります。
それなのに、どうして声高に、傷ついた人や悩みを打ち明けてね、という関係が成り立つのでしょうか?
そういう不幸な人を寄せ付けては引きずられる、とよくお聞きします。ご相談者の方がよく私にそう語ってくださいます。
私も何度となく、そういうカウンセラーや占い師に出会いました。
「波動が下がるからマイナスの言霊を言うな」と言われた、という人にも出会っています。
では、そのマイナスの波動の言葉を「言うな」ときつい救済のない、優しさのない言葉は、果たしてプラスの波動なのでしょうか。
心の温かさでしょうか。
言葉に囚われて、その意味を理解していないのではないですか?
救いたい、と言う人は、何を救いたいのでしょうか。
それは辛いと悩んでいる人ですよね。
楽して幸せな話をお茶会して終わり、がしたいのですか。

 

私は本当に困ったことがあります。
「薬に頼っていたり、霊障がある人の相談を受けてはいけないと言われているので」と断りを入れるカウンセラーがいたのです。
それに「不幸な経験をした占い師や鑑定士は、人を幸せにはできないから受けてはいけない」と断定して言う人もいました。
本当に、あなた方は、この世の中で、人助けをするのか、お茶会をするのかどっちなのですか。
もし、そういうことを「そういう人に触れてはいけないですよ」と言う存在がいるのなら、それはその存在は力がありながら悲しい苦しんでいる人を救う気もない、遊びに来ているだけの方です。
決して救済のための、守護の存在ではないと考えられます。

 

理屈で考えて、お分かりでしょうか。

 

みんなで助け合って、不平不満を言ってもそれを最後には笑ってああ、解決してよかったね、と言えるような、そういう導きができる人こそ、本当の、ライトワーカー、という方々ではないでしょうか。
救いとは何か、心底ここに来て、あなたに会えて安心できた、よかった…と思えるような存在です。
そんな人に、なってほしいです。
私はそう目指しています。

 

ロジエの守護神より
コメントを求められましたので、お答えします。
ロジエの言っていることは、本当の意味での心の救済です。言葉がきついので、あなたの柔らかい優しい言葉で説明してあげてほしいと言われました。
私は、みんなが幸せになればそれでいいのですが、それが難しいかというと、とても難しいです。
せっかく幸せな人も、不幸な話を聞いたらどんよりするし、その話がとても当てつけだったり、「あなたはいいわよね」という言い方だったりすると、あなたのエネルギーは奪われてしまいます。
だから、相談する方にも、礼儀は必要なのです。
なんでもしていい、というわけではありません。
本当に、助かりたかったんでしょう?とロジエなら言うはずです。
だったら、本当の心の内を、あなたの、心の内を語ってください、私を攻撃することはないでしょう、と。
そういう経験をした人は、とても傷ついて、そういう方向性で攻撃的なお客さんを避けてしまう傾向もあると思います。
でも、そういう人の心の怒りは、本当に辛かった、悲しみなのです。
だからそういうときは、あなたの怒りの根元には、最も深い「悲しみ」があるので、それを癒していきましょうね、と優しく話してあげてほしいです。
お願いします。
ロジエの兄、守護神より、愛を込めて。

 

お兄様、ありがとうございました。
おっしゃる通りです…
私もかなり癒され、あなたに教えていただいた方法は、とても有効でした。(過去記事参照)
ありがとうございます。


ロジエ
soleil.et.rosier@gmail.com
soleiletrosier.com
@soleiletrosier
ご相談、霊視、審神、ご祈祷(どういう種類でも可能です、神道式の祝詞と祭式です)承っております。
また、天使さんや神様たちにいただいたイメージを、自動書記で描かせていただいたり、アクセサリーのイメージをいただいて作っております。よろしければご希望くださいませ。ミンネにて販売中です。