ロジエの霊能・審神ブログ

スピリチュアル 霊能 神 審神 光

宇宙の幸せな話

f:id:soleiletrosier:20170915140642j:plain

こんにちは、霊能者、審神者のロジエです。
今日は、宇宙のことについて、お話を兄である守護神様にお聞きしたいと思います。
宇宙の話は限りなく難しいか、それとも簡単なのか。
始まりがあるなら終わりはあるのか。
他にも意識があるような生命体はいるのか。
霊体でもです。
悪魔はこの宇宙でどれほどいて、天国は安全なのか。
そういう心配事や宇宙のことについて簡単ですが知りたいのです。
でもまやかしがめちゃくちゃに邪魔をするのでなかなか知ることができません。
知ったとしても、おそらくは審神できない情報なので、これは神様かどうかを私は審神しながら、そうならお話をしてくださったのだ、と思うことにします。そういう前提でお読みください。
お願いします、守護神様。
お答えしていただける範囲で、教えていただけることはありますか?
みなさんが安心できる情報があれば、お答えできる範囲でお願いします。


ロジエの守護神です。
私は、ロジエのことを思ってその話はしないでおいたのです、なぜなら、それを知ったらロジエにひどい霊障を入れるのがわかっているからです。ロジエがとうとう見破ってしまい、憑いているのは女性性のある悪魔、荼枳尼天です。ですから、彼女の体を平気で理解していて触ってきます。


ロジエ:人は荼枳尼天になったりするのですか?彼女らは人型なのですか?


荼枳尼天についてですが、人型ではありません、異形ですが、女性性があります。その不思議については、根元の命が生まれる場所で、話をしなければなりません。
実はそこが天国、と呼ばれるところです。
生命に溢れ、巨大な意識が生み出される根元があります。それが、神道高天原、そして他の宗教で言う、天国です。
ですから、みなさんは光のもと、でいいのでそう思っていてください。
みんな仲良しです。みんな差別なく神という存在です。
ですから、上下左右なく、というのは本当ですし、そういう意味なのです。
段階もなく、何もない、ただ丸く、みんなで輪になって、海岸のような場所でおにぎりを食べるのが私の夢です。私と、ロジエが手伝ってくれるそうで、私は嬉しくて仕方がなかったのです、ありがとうロジエ。
悪魔も、そこで生まれたのですが、もう生まれることはありません。攻撃性が強く、なぜそうなったのか、悲しい存在なのか、彼ら、彼女らは、別の宇宙からの存在です。実は、天国もこの宇宙の中にはありません。悪魔さんたちのプライベートな場所、根元の話は、私たちの根源、天国でしか、お話できません。攻撃性の強い、霊能者の方々がいるからです。悲しいですが理解ができない範囲のこともありますので、言えないことも多数あります。
ロジエの「攻撃は一切しないで」というのは本当なのです。
戦いで戦いの痕を拭うことはできないのです。
天国は、永遠性があります。それは、約束されていて、私たちはそれが恐ろしくもないし、楽しいだけです。
それを約束したのは、母体である命の根源です。
永遠に、善なる存在を生み出し続け、サポートしていく、ということを、私たち子供になるものに、約束してくれました。
私たちは、みんな平等なので、あまり敬語で話したりはしないです。普通にお話します。
みなさんに安心して欲しいのは、みんな安全で、平安で、安心できる場所が、天国であり、それは本当に永遠に続くのだということです。防衛するも何もない、ただ平和にみんなで暮らしています。攻め入ってくる、という概念はありません。全宇宙を見てもそういう概念があるのはここだけになっています。こういう話をすると、威嚇してくるので、困るのです。ロジエに不安や霊障で痛いことをしますから、話ができなくて、困りました。ついには、普段からのお話もできないほどに、ひどく怒り、怒り狂うという表現がぴったりでした。もうロジエが憔悴しきってしまい、人として普通の営みができないほどに翻弄されたので、私が全部引き受けるから任せて欲しい、と言いました。ただ、私が見せた「永遠、平安、安全、安心のお兄ちゃんの光」を信じて欲しい、神を信じることは悪いことですか?と話しかけたのです。
それで、ロジエはずっと私がぴったりくっついてお世話しています。
遠回りに思えることも、何事も、ロジエが見破った場合は、それで合っています、と素直に言います、気づかない時は、最終的に悪魔さんが意思を曲げるまで私はロジエを寝かせることにしています。それ以外は、決して悪魔さんと対話はしないのです。だからロジエには返答しますが、悪魔さんたちには返事をしません。そうしないときりがないからです、彼らの言いたいことは、私たちの話は一切信じない、そして殺す、しか言わないからです。
そういうことを言っても、殺せないようになっていますから、みなさんは安心してください。
ただ、悪魔崇拝などをしていると、完全に狂ってしまったり、薬物や殺意を高めるようなことをしていると、本当に人を殺めてしまいます。それは避けられないことで、人として知識がない、そして記憶もないがための、悲しい結末になります。でも、本来は、そういう感情を持っていないのです。怒り、殺意、それらは人にはありません、本来は、です。
ですから、この星には、最後の悪魔さんたちが、残っている、勉強をしていただく星なのです。
最後の救済、です。
人は、その役目を負い、貴い使命のために生まれてきます。
幸せに生きてもいい、それでいいのです、辛いように自分を追い込むと、悪魔さんは「ほら我々が正しい」と言ってきます。その理屈は「神は罪を犯したのだ、だから死ぬべき」という、未熟で意味も根拠もない言葉です。それが「罪」という言葉の根源です。本来、神々は人や精霊さんたちに、罪を問うことはありません。そういう概念がないからです。
でも、翻弄されて身を委ねていただかないと苦しすぎる時があります、それが霊障、というものです。ロジエが本当に苦しんだ半年でした。
その間、私は一所懸命になって伝えました、ロジエは悪くない、そして変なこともされない、決して私はロジエを責めない、ということでした。
知っている話をロジエに悪いように伝えて、ぐちゃぐちゃにしたり、ロジエに宇宙大戦争物語だと言って延々寝かさずに無理やり話を聞かせたり、そういう存在が悪魔である、荼枳尼天、というしつこい性格の悪魔さんです。
見破られても祓っても逃げず、お経を唱えながら(呪いのお経があります、それを唱えるのです)拷問のような意識操作や感情の揺さぶりをかけてきます。それがずっと続くと、人はだんだん弱ってきます。そうなっているのです、体が耐えられないのだから。それが彼女らにはわかっていないので、弱ってきたロジエが寝込むようになってつまらないので、自分の理解の及ぶ範疇にないことになってきたのが彼女らの恐怖で、それを私が警告したのに、まだやっている、という状態です。ロジエをここまで守りつつも彼女らに死なせられないようにするため、寝てもらうしかない状態にありました。
もう、帰る時期ですよ、痛いことをしても、病院にも行かないし、霊障だとわかっているので寝るだけです。
荼枳尼天、という存在は、悪魔の中でも「サキュバス」と呼ばれた存在と同じで、「稲荷」と呼ばれた狐に乗った女性の仏門の名前です。
ですから、神道では稲荷大社は稲荷講と言って、神道ではありません。ですから、神社本庁にも所属していませんし、別の存在です。なのに、大阪でもたくさんお金になると言われて祀られ、困り果てている状態です。そこでロジエに、小さい少女だったロジエに、この日本に、産まれてもらいました。そのお役目は、荼枳尼天を説得しきるまで耐える、ということでした。だから私はロジエを異常?と思われるほど甘やかします。
でも、みなさんも、甘えていいのですよ。辛いことは辛い、だから神様、甘やかして欲しいです、と言ってみてください。喜んで守るよ、と言ってくれるはずです。天使さんも同じなので、お願いしてみてください。守ってくれますよ。みんなみんな、人を守っています。
甘えたい時は、そういう時なのです、だから甘えんぼしてくださいね。
私たちは、全部知っているのですから。
ただ、知らないのは未来がどうなっていくか、だけです、でもそれは良い方にしか行かないように、みんなで相談してあります。
その辺りが、本当の天国のお話のゴールです。
破滅になりようがない、という状態に、私たちはなっている存在なのです。


ロジエです。
ありがとうございました。
私はまだ耐えないといけないのですね、かなりこのお話を聞いていると痛かったです。聞いているというか、長いので自動書記してもらっていました。本当のことや、悪魔がノリノリの時はひどい霊障を入れてきます。でも、ふと「女性か、荼枳尼天か、男性やないね」と言ったら、ピタッと止まったので、そういうことを書き出すと、痛い霊障は下げても不安感を入れたりしてきます、首の後ろに感情ではない、悪寒のような不安なものが来ます、それは霊障だと最近知りました。
兄のお話をせっかくいい方にお話していただいたので、私はあんまり不安なことは書かないようにしようと思います。
でも、注意したほうがいいこと、これは本当の不安ではなくて霊障だ、というようなこと、情報は書きます。
それでもいいでしょうか?みなさんがあまりにも不安で怖いなら、そういうお話は書かないようにしようと思っています。
でも、兄が言うように、良い方向にしか向かって行かない、真面目にしていればそうなる、神様を信じてね、ということ、それは悪いこと?です。
だから、みなさんにも安心していただきたいです。
ちょっとだけ質問ですが、見破った場合には近道にはなりますか?


兄です。
なる時とならない時があります、激痛で今まさに耐えないといけなかった時は、見破ったりしても激怒して調子にのるだけでした。好戦的なので、喧嘩か!と言って喜ぶだけの時もあります。ですから、普通に幸せを望んで生きてください。自分を甘やかし、許し、そして気持ちよく生きられるようにしてください、ただ、自由はいいけど、それはみんなで一緒に成り立つ自由、を考えてくださいね。それが本当の、自由です。
これぐらいにしましょうか、ロジエ。愛しています、あなたの真面目さは、辛いほどだった、そして鋭すぎて、ひどく悪魔さんたちを怒らせてしまいました。でも、これからは私が守りますから、全部守りますから、不安にならないようにしますね。みなさんにも、ご相談者の方々には、もし憑き物がある場合にも、霊障がひどくならないように伝えますので、大丈夫です。
ロジエが健在で、楽になっているのが、何よりの私たちの10年の信頼です。
精霊さん(ペットちゃんとロジエが呼んでいる子達です)が来てくれたので、家族はみんなメロメロになりました。そして精神的にも癒されています。
トゲトゲしてしまう、落ち込みが激しい方は、好きな動物の、カフェなどが最近は多いですから、行ってみてはいかがでしょうか。もし、お迎えするのであれば、幸せにしてあげてくださいね。
一緒に、幸せになりましょう。


ありがとうございます、なんだか嬉しくなりました。ありがとう、お兄ちゃん。
では、また今度は面白いお話があれば、教えていただきたいと思っております。
みなさまの安心、安全を願って。
幸せに。


ロジエ


soleil.et.rosier@gmail.com

http://soleietrosier.com


@soleiletrosier
ミンネショップ「Soleil et Rosier」
https://minne.com/@soleilrosier

minne.com