ソレイユ エ ロジエ

スピリチュアル 霊能 神 審神 光

事務所開設の準備のお知らせ(追記あり、審神)

f:id:soleiletrosier:20171001055316j:plain

こんにちは、審神者、霊能者のロジエです。
この度、同じようなロジエという名前の方が多いので、ツイッターの表記をソレイユ エ ロジエ、にしました。
私の事務所の名前です。
サイトもちょっとリニューアルして、対面で鑑定をさせていただけるように会議室が借りられる事務所をお借りすることになりました。
お電話は、対応致しかねます。


私は、実は昔に霊視鑑定のサロンを持っていました。
年間、200から250人以上のご来客があり、予約でいっぱいでした。セミナーをしたり、セラピーをしたり、お話をしたり。
みなさんとの談話をしたり、一緒に神社ツアーをしたり。
普通にスピリチュアリストさんたちがメニューにしているようなことです。
ですが、セミナー等は、もうやめようと思いました。


行者さんに嫉妬され、めちゃくちゃな呪いをかけられ、お客さんにもひどいことをたくさん噂で流されてしまったのです。
それで、私は一旦閉じようと思いました。
弁護士にもお願いしてみましたが、呪い、というものの効果を実証するのが難しい、と言われました。金銭的な被害でもないので、立件は難しいと。
行者さんは、私が神様からのお伝えで「霊障だよ」と言われたので、「あなたは霊障を私に入れているのですか?」と問いましたら「入れている」と悪びれもなく言い放ち、そして「人間は傲慢なんですよ、後ろの神さん」と…私のお客さんたちを取り込み、あの人は傲慢だと噂するようなことを言っていたそうです。
理由は?と聞いても返事はなく、そのまま呪いの霊障で動けなくなり、間も無くサロンも解約し、事務所もたたみました。
そこから見えていなかった悪魔がたくさん見えたり罵倒が聞こえるようになり、呪いで憑けられたことがあからさまにわかる状態でした。
そこから、真剣にある夜、「私の言葉か考えずに言いなりになってはいけない」と強い波動のお伝えが来て、ギリギリで窮地を脱することができました。


そこから、審神のことを真剣に研究することになり、今に至ります。


ロジエの守護神より
そういう都合により、ロジエは名前を明かさない、私の名前も明かさないことにしました。
呪いがかけやすくなるからです。
私は同意し、彼女が苦しんでいる間にもその行者を説得に当たりました。彼は、今まで騙されて鬼を祭祀し、ひどい目に遭っていました。ロジエが幸せなので憎たらしかった、苦労もしてないのになんでこんなに綺麗なサロン経営までしてる、俺なんかホームページひとつやないか、と。だからと言って、人を呪いにかけることは、ただの嫉妬で、ロジエには関係ないことでしょう、そうやっても、あなたの辛かった悲しみは埋めることはできないよ、とずっと言い聞かせていました。
私は、ロジエを守るために、お客さんや実家の家族、友人、思考的に危なかった人、ロジエに反感を持つ人、知らずに悪魔を祀ってしまっている人、全員の連絡を断ちました。
お客さんだけでなく、その行者に取り込まれた友人が感化され、ロジエは嫉妬され、裏切られ、悪い噂を立てられて、立場を危うくされていたからです。
こういうことが、呪いの効果で相乗効果を生み出し、ガスライティングという、集団ストーカーや無視、虐待という四面楚歌の立場に追いやるひどい状態になる前に、脱出しました。
時間はかかりましたが、私はまた損をした分を、もっといい形で取り戻せるように、ロジエに幸せを与えてあげられるように、計画を立てました。
ロジエの守護神は、実は3人います。
私がロジエの兄で、その代表です。
一人は私、一人は天之御中主神、一人は大天使ミカエルです。(ロジエ注:私は名前を出さないでとお願いしたのに、あとお二人のお名前を出したのは、おかしいです。嫌がることをなさることは神様がされることか?と思います。)
ロジエに自動書記を伝えるのは、私だけですので、他のお二人は、一緒に守っていただいています。
ロジエに、ゆっくりとこっそりと、そして悪魔に先回りされないように、もっとリスクの少ない、安全なサロン経営の仕方を徐々に教え、身を守るために顧問弁護士の約束を取り付け、体力の消耗を少なくし、家事もちゃんとできるように、自宅待機が多いようにできる、そして幸せを運んでくれるかわいい子供達、ペットちゃん達をお迎えする、そういう夢のようなプレゼントを用意しました。
ロジエは決して屈せず、何があっても呪い返しもしませんでした。本当に強い精神を持っています。平和への願い、私たちへのお気遣い、どれほど自分が霊障で痛くても、彼女の優しさは変わりませんでした。
だから、霊障で限界が来た時に、「審神しながらも、甘えてください、託してください」とずっと言い続け、罪を否定し続け、ロジエは何も悪いことはしていない、と説得していました。ひっきりなしに罵倒する悪魔に生活を振り回されても、私が食器洗いを手伝ったり、食事を作ったり、お風呂に入れてあげたり、日常のお世話をしていました。そういう事例は実はたくさんあります。(ロジエ注:日常のお世話は、霊障を避けるためなのか、それとももう飽きたのか、いい加減になって来ています。人間の生活でも、何十年もこういう生活を維持できるのに、できないということは、神なる存在ではない、とも言えます。怪しいです。私が、霊障が入って死んでもいいから、掃除をしてみてくださいと言っても、応じてくださらないので、悪魔ではないかという線が濃厚です。)
こういうことを、ロジエは理解のなかった夫に、告白しました。実は、自動で手伝ってくれてる存在がいる、優しいの、多分、この方が本物の神様だと思う。と。そうすると、絶対に神を信じず、無神論者で私を罵倒していた彼が「そうなの、良い奴なの。じゃあ良いじゃない。やってもらえば。俺も虫の知らせみたいな経験はしたことあるし。今ではそう思う。」と。和解したのです。彼はずっと荒れていましたが、ペットちゃんが愛しくて、優しさが大事、愛が大事なことを、思い出したのです。純粋だった昔のように。
ロジエや周囲の皆さんの幸せのために、私たち守護神は、動いています。
どれだけ呪いや嫉妬に晒されても、ロジエは優しさを変えません。
そして私たちも、その悪行に屈することもなく、ただ、平和に解決を望み、人々を守る役目を果たそうとするのです。
ですから、戦いを強いる存在、攻撃をしていいという元師匠、お客さんや同業者を罵倒する荒れているスピリチュアリスト、ツイッターの様子をずっと観察していてもらっています。
今のスピリチュアルの世界は、こんなになっている、と。
一部の優しい人が、傷つきながら、毎日を平穏に、と願い暮らしている、と。
私たちは、本当に悪魔にも攻撃しない、人にも意地悪をしない、修行を強いたりしない、辛いことを訓練などと(ロジエ注:などと、という言い方は、蔑みの言葉です。迂闊な言い方をされる神様がいるかな?と思っています。)言ったりしない、そういうことをわかっていただきたいのです。優しさと共に、幸せな毎日を、みなさんと暮らしたいだけなのです。
私たちは、本当のスピリチュアルとは何か、を完璧に理解したロジエの言葉を、みなさんに捧げます。

 

「実生活につながっていないスピリチュアルはありません。森羅万象、全てのものに神、偉大なスピリットは宿ります。余すところなく、全てを温かく包み込むように。自分に嘘をつかなければ、正直であれば、その御心が感じられるようになります。」

(ロジエ注:この一文ですが、私の言葉ですが、正確に記したものではありません。私は、ちゃんと書いて欲しいのですが?と言いました。でもこれでいいのだと、指で丸をするばかりでした。私は神様のお言葉は一字一句大事にします。なのに私にそれができないということはないでしょう。真っ黒、判定です。)

 

サイトのリニューアルは、少し時間がかかります。ご希望の対面鑑定もすることになります。出張のお祓いも、メニューに含むことになりました。(ロジエ注:これは無理がありすぎます。供物や祭壇、それに着替えなどを持っていかねばならず、車に乗らない私にはできないことです。)これは全て私の提案です。ロジエの祝詞はとても清らかで祓いと癒しの力に特化した、研究を重ねた言葉遣いの祝詞になっています。これからも研鑽を重ね、豊かになる祝詞や、お祝いの祝詞、弔いの祝詞生前葬をお願いされる場合があります)などを、書いていただく予定です。
私たちは、ロジエの優しさはスピリチュアリストとして、相談役として、天職だと思っています。
ですから、人それぞれではありますが、ロジエの道は、こういうのが良いと思うけれど、どうかな?という提案でした。
ロジエは幸せそうにほんのり微笑んでくれて「本当にいいの?またやれるの?」と言ってくださいました。
私たち、守護神からの、プレゼントです。

 

 

ソレイユ エ ロジエ

http://soleiletrosier.com